新着情報information

砂防堰堤の点検作業が行われました

梅雨の季節になり、今年も多量の雨が予想される事から県が築堤した砂防堰堤の調査を岡山県に依頼しました。備中県民局の職員の方々が調査を行った結果、異常は見受けられないとの事です。

また職員の方々に周囲の状況を点検した上で提言を依頼しました。寺院側は砂防堰堤といった災害関連に対する専門知識がありません。ですが専門家から現状では問題ないとの判断を頂きました。

浅口市内の寺院のほとんどが土石流警戒区域内に存在しています。この警戒区域は土砂災害の発生や被害の範囲について証明するものではありませんが、長川寺も専門家の指導を仰ぎながら、可能な限り対処していきたく思っております。

ただ天変地異だけはどれだけの配慮をしても、完全に防ぐ事は不可能です。皆さんも災害発生前に早めの避難をお願いします。

長川寺住職 拜

月別アーカイブMONTHLY ARCHIVES