長川寺の略年表chronology

長川寺の歴史と日本の歴史の比較
西暦(元号)長川寺の歴史西暦(元号)日本の歴史
1325年(正中2年)頃西山宗久が「梵刹」を開く1325年(正中2年)曹洞宗大本山総持寺を開かれた瑩山禅師が示寂
1407年(応永14年)備中守護細川満国公が初代鴨山城主に君臨
1408年(応永15年)足利義満が死去
1412年(応永19年)英巌章傑和尚が曹洞宗の禅寺に改め、鴨山城主ゆかりの禅寺となる
応仁年間兵火によって伽藍焼失1467年(応仁元年)応仁の乱が始まる
文明年間鴨山城主三代細川教春公の助力で伽藍再建1477年(文明9年)応仁の乱が終息する
1575年(天正3年)鴨山城主七代細川通董公が鴨山城に入城し寺領を寄進する1575年(天正3年)長篠の戦いで織田・徳川連合軍が勝利を収める
1600年(慶長5年)鴨山城廃城、細川家は毛利家に随って長州へ転封1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いで敗北した毛利家は周防・長門へ減封
1605年(慶長10年)備中国奉行小堀遠州の検地を受け幕府より寺領を受ける1605年(慶長10年)徳川秀忠が江戸幕府二代将軍に就任する
池田輝政からもを寺領を受ける
元和年間山崩れが発生し伽藍が再消失1623年(元和9年)徳川家光が江戸幕府三代将軍に就任する
1660年(万治2年)大梵鐘を鋳造
1665年(寛文5年)江戸幕府が諸宗寺院法度・諸社禰宜神主法度を発布
1666年(寛文6年)末寺は数ヵ寺を残してことごとく廃寺となる1666年(寛文6年)岡山藩主池田光政が寺社整理政策に乗り出す
1704年(元禄17年)現在の本堂を再々建立
1715年(正徳5年)鴨山城主七代細川通董公墓所を建立
1716年(享保元年)徳川吉宗が江戸幕府八代将軍に就任する
1737年(元文2年)僧堂・東司を再々建立(現存せず)
1778年(安永7年)現在の山門前の石橋が建立される
文化年間岡山藩お抱えの庭師弥兵衛が衆寮庭園を作庭1808年(文化5年)間宮林蔵が樺太を探検
文政年間長川寺背後の鴨山が観音信仰の霊場として整備される1823年(文政6年)ドイツ人シーボルトがオランダ商館員として来日
1843年(天保14年)現在の庫裏が建立される
1935年(昭和10年)現在の鐘楼堂が建立される
1937年(昭和12年)日中戦争(支那事変)が勃発
1941年(昭和16年)太平洋戦争が勃発
1942年(昭和17年)金属類回収令により大梵鐘を強制譲渡
1944年(昭和19年)山門前の松の巨木も戦時供出される
1945年(昭和20年)ポツダム宣言を受諾
1959年(昭和34年)現在の梵鐘を再鋳造
1964年(昭和39年)東京で第18回夏季オリンピックが開催される
1984年(昭和59年)聖観世音菩薩像を建立、落慶法要を行う
2008年(平成20年)檀信徒会館(清瀧閣)・山門を再建する