新着情報information

納骨堂「潺湲堂 せんかんどう」に白衣観音像をお迎えしました

本日は天候が危ぶまれていましたが、無事に長川寺納骨堂「潺湲堂 せんかんどう」の象徴として白衣観音像をお迎えする事ができました。京都作島さんや工務店さんを中心とした様々な方々に運搬から設置等のご協力頂き厚く御礼申し上げます。

多くの仏様は悟りを求める過程で僧侶に似た服装になりますが、白衣観音様にはそのような特徴はあまり見受けられません。それは白衣観音様のあくまでも民衆の一人として人々を救いたいという思いが姿に顕れているとも言われています。

この白衣観音像は亡き先代住職の不思議なご縁により、長川寺へお越し下さいました。先代住職も白衣観音様のように檀家さんと同じ視点で長川寺を支えて下さる方々に何を返す事ができるかを日々思案しておられました。その思いを白衣観音様がご縁として繋いで下さったのでしょうか。私も寺院を預からせて頂いている身として白衣観音様や先代住職に恥じぬよう精進を重ねてゆきます。

長川寺住職 拜

月別アーカイブMONTHLY ARCHIVES