新着情報information

新たな時代の平穏無事を願い祝祷諷経を執り行いました

祝祷諷経(しゅくとうふぎん)とは国家の繁栄や世界の平和を願う曹洞宗行持の一つです。近代までは祝聖諷経として皇室の安寧を祈る側面も持ち合わせていました。

新天皇陛下御即位の下、令和という新時代が始まりました。時間の経過というものは迅速かつ平等に私達の下から過ぎ去ってしまいます。だからこそ私達はその日、その時を踏みしめ前へ進まねばなりません。

長川寺もこれまで多くの方々のお支えを頂きながら、今日まで一歩一歩進んで参りました。これからもその時代に即した寺院のあるべき姿を模索し続けていきたいと思います。

皆様、新時代も宜しくお願い申し上げます。

長川寺住職 拜

月別アーカイブMONTHLY ARCHIVES