本堂hondo

長川寺本堂は創建当時より応仁の乱や山崩れにより幾度も消失し、その度に再建されてきました。
現本堂は十二世徳雲重憲(とくうんちょうけん)和尚代の元禄17年(1704年)に再建された物です。

ご本尊は釈迦三尊像として釈迦如来、他に文殊菩薩・普賢菩薩を安置し、
中国禅宗の開祖である達磨大師や寺院を守護する大権修利菩薩(だいげんしゅりぼさつ)なども納められています。

正面に掲げられている「長川寺」の額は曹洞宗中興の祖とも呼ばれる禅僧、月舟宗胡(げっしゅうそうこ)による書です。

毎日各種法要を中心に国家鎮護や世界安泰、人々の安寧といった様々な祈りが捧げられています。

その他の境内のご案内

  • 庫裡
  • 磨崖仏(まがいぶつ)
  • 聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)像<br>・六地蔵・細川公顕彰碑
  • 鐘楼堂・梵鐘